燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

雑記に雑記を重ねてぶっ壊れてるブログ

読書感想文やぞ

D.カーネギー「道は開ける」の読書感想文

 


やぁどうもどうも。ちょっと前ぶりだね。今回は硬めのテイストでお送りするよ。だいたい豆腐がプリンになったぐらい。

 


・感想文を公開する理由

1.この本はありとあらゆる悩みを解決してくれるお悩み解決クリーナーなんだけど中身が濃すぎて書かないと忘れそう

2.アウトプットすることで頭の中で体系立てたい

3.全国のお悩みマンに届いて少しでも役に立てたらいいな

4.とりあえずこの記事を定期的に読み返したい

 

 

 

・で、著者のD.カーネギーってどいつよ

 


1937年に人間関係の秘訣を記した『人を動かす』を出版し、自己啓発書の元祖として2000万部以上を売り上げたすげー奴。確か緑のカバー。でも調べたけどこの人自身が何したかはよくわからん。まぁすげー人が本書いたというよりとある人がすげー努力した結果この本が生み出されたと考えるといいのかも知れない。

 

 

 

・この本ってつまり何?

 


今回のは人々を悩みを克服する手助けのためにカーネギーさんが本を読み有名人にインタビューしそして自身が教える学生に5年間実践してもらいデータを集めて書いた本。赤いカバー。

 


・本の構成

序章から28トピックあり、各トピック毎に違う人間の悩み克服エピソードが書かれ、最後に項目のまとめが入る。

巻末に有名人の体験談がパラパラとあり本書のどことリンクするかが言及されている。本ブログでは基本各トピックのまとめ→所感で書いていきたい。この本借り物なんで備忘録代わりに適当に詳し目に書く。

 

 

 

・序章「本書から最大の成果を得るための九カ条」

 


「絶対条件とは何だろう?それは、『真剣に学ぼうとする向学心』であり『悩みを断ち、新しい門出をしたいという固い決意』に他ならない」p.18

 


「何度も、本書を拾い読みすべきなのだ。(中略)覚えていただきたいのは、復習と応用を絶えず積極的に繰り返すことによってはじめて、さまざまな原理を習慣として無意識的に使いこなせるようになるということだ。」p.20

 


「行動しなければならない。(中略)知識は活用されて初めて心に残るのである。」p.20

 


「本書の原則を応用して成功した事例を日記で記録するのだ。」p.21

 


つまりPDCAしろって言われてるみたいだ。今回は真面目に感想書くから。うん。これからね?まあ待て。私はやればできる子なんや。

 


ところでDとAって何が違うの?DがとりあえずやるでAがちゃんとやる?

 

 

 

 


1「過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。」p42

 


明日考えることは明日考え、既に過ぎ去ってしまった事について悩むことは無意味ですよと書かれている事項。「今」をより良くできているかどうかであると。

まぁそんなに参考にならなかった。抽象度高すぎる。次。

 

 

 

2.何か悪いことが起こった場合落ち着いて最悪の事態を想定しろ、その後好転させようと努力しろ。(p53要約)

 


勝手にそういう思考になってる為無問題。チャリが消えようが財布を落とそうが動じない神経性を持ったが同時に大切な物が失われた気がする(遠い目)。

このネタについては後述する。

 


3.「悩みに対する戦略を知らないものは若死にする(p68)」

悩みは健康被害を齎す事を説明したトピック。悩むことは体にも良くない。これも知ってた。

 

 

 

4.悩みを明確化し決断すれば悩みではなくなる(要約)

 


「1.悩んでいる事柄を詳しく書き記す。2.それについて自分にできることを書き記す。3.どうするかを決断する。4.その決断をただちに実行する。」p.79

 


これはカウンセラーにやられたことがある。好きな方法。落ち着いてこいつを試してみたいがこんなもんやらなくても毎回毎回耐えきれずにブチギレて実行している気がする。いっつ単細胞。

今後は是非実行していきたい。まず悩んでいる事に対する自覚からだが。そこがポンコツなんだよな。

 


5は自分にとってあまりに前提すぎたか、もしくは落とし込めなかったので割愛。無駄を減らして時間を浮かせろ。

 

 

 

6「忙しい状態でいること。悩みを抱えた人間は、絶望感に打ち負けないために、身を粉にして活動しなければいけない。」

 


これは私自身が実行して実感しているものだし、自らは芯に据えたいとは思うが、「正論であって詭弁である」と敢えて述べたい。何故ならば真に忙しい人間は悩まないし、そもそも何か目的に沿って生きているからこそ忙しくできるのだ。忙しくする為に前提として見るものはあって、決して外堀から埋めてはいけない。本質を見誤り人生を間違う。

 

 

 

7.割愛。5と同様。小事に惑わされるなと書かれている。

 

 

 

8.割愛。そもそもこんなことで悩んだことがない。平均値を数えて法則をとれ。

 


9.「避けられない運命には調子を合わせようp.142」

 


これも人生において大切だったことやな。決して諦めるのではなくしなやかに受け止めるというのが味噌。確か高1の高校教師に似たようなことを言われた気がする。高3ぐらいで察せらようになった。

私の言葉に言い換えると、「怨みは不幸を呼ぶ、諦めは無気力を呼ぶ、逃げは罪悪感を呼ぶ。受け入れ認めることでしか平穏は得られない。」

理不尽とお友達だったから、理不尽と仲良くする事に対してはかなり長けてるかも。また一つ自己理解してしまった。

 

 

 

10.「悩みに歯止めを効かせろ」落とし込みが出来なかった。またいつか読み返したい。4番とリンクしそう。

 


11.「結果にグダグダ悩むな。」それなー。

 

 

 

12.「快活に考え行動すれば自然に愉快になる。p.185」

高3の時拒食症で髪がガンガンに抜けてた頃に予備校の先生から似たようなことを言われた。「今日一日、どこかで笑ってみなさい。」結果かなり回復した気がする。これも正しい...が、やはりどうも、この言葉も何か前提を見落としている気がする。

 


今、この本は、自らが「自発的に」変わりたいと願った人間自分を戒める為に使う内容であって、決して他人に押し付けてはいけない物だと悟った。只管に正論であり、そこに心が無い。私はこの本を悩める人のために要約し人に伝えたいと思ったが、内容が暴力的であり自分の力量では不可能だと思った。というか実際に本書の内容を人伝てに聞いた時「それが出来たら苦労しねぇよ」と思った。

 


そもそもの話、この本に限らず人生とは悩みを自覚しそして「自分が」改善したいと思わなければ完全に無効だし、もっと言えばある一定程度の精神の余裕、そして強さがなければ言葉を受け止めきれないと思う。さもなければこの本はただの詭弁と捉えられるか、若しくは都合よく解釈し人に押し付ける道具へと成り下がるだろう。

 


一定程度承認欲求が満たされていて、精神状態が安定してると思われる人間には伝えていきたい。

 

 

 

13「仕返しをしてはならない。敵を傷つけるよりも自分を傷つける結果となるからだ。(中略)つまり、きらいな人について考えたりして、1分間たりとも時間を無駄にしないことだ。」

 


嫌いな人について考えることもそれはそれで面白いのでは無いかと現状思う。歳食って見直したらまた変わるかも。要チェック。

 


14「人は恩を返さないものである。人に期待しないように。」

 


これも13と同じかな。なんていうかな、二律背反を楽しむ精神性を持っていたい。無駄なのはわかっていてもやるの、なんていうか、たまに奇跡が起こるから楽しいと思うんよね。それに、期待するからこそ相手が応えてくれる確率って上がるものじゃ無い?自分から確率下げちゃダメでしょ。

尤も、自分がガキだからなのかもしれないけど、今の自分に必要なのはこのピースでは無い気がする。でも是非この章も困った時に読み返したい。

 


15「厄介ごとを数え上げるな、恵まれているものを数えてみよう。(p218)」

心に余裕ができたら自然とそうなった。これも、この言葉だけじゃなぁと思う。やはり強い意志力が承認欲求を満たすのが先だと思うなぁ。

 


16完全にできているため割愛。他人の真似をするな。自己理解に努めろ。

 


17、割愛。不幸なことが起こったらどのように自分に役立てるか考えよ。

 


18「他人に興味を持つことで自分自身を忘れよう。毎日、誰かの顔に喜びの微笑が浮かぶような善行を心がけよう。(p262)」

めちゃ大事な章。大事すぎて後日まとめておきたいぐらい。

 


19神を信じよ。無心論者にはよくわからなかった。要チェック。

 


20「不当な非難は、しばしば偽装された賛辞であることを忘れてはならない。死んだ犬を蹴飛ばすものはいない。(p299)」

めちゃくちゃ好きポイント。まぁでもわかってることを落とし込むのもね。

 

 

 

21「最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、避難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。(p305)」

 


こちらは非難に傷つかないためには、という章。

己が思う最良の道へ進め、愚者に時間を割くなと書かれている。まぁこれも難しいが、やることさえ決まればそもそも愚者に脇目を振らなくなるのでは無いか?

 


22「自分の犯した愚行を記録しておいて自分自身を批判しよう。(中略)偏見がなく、有益で、建設的な批判を進んで求めよう。(p312)」

 


「われわれの敵の意見は、われわれに関する限り、自分自身の意見よりも真実に近い(p310)」

 


自分が間違っている可能性を常に考えよという章。実はあまり言っていないだけで、自分に対する批判意見はそれなりの数反芻し自分の現状の精神状態の把握や発言の本質から自らの至らない点を省みている。最近でいうと「自分の意見に固執している」とか。

 


23「休息せよ、疲れる前に休むのだ」

鉄則。効率を上げるには休息。これ即ち原則である。

 


24割愛。リラックスすることがいかに重要か説いている。

 


25割愛。リラックスするための具体的な方法が書かれている。

座禅とかいいよ。忘れがちなのでチェック。

 

 

 

26「問題を溜め込むな、重要性に応じて処理しろ、即応しろ、組織化、代理化、管理化しろ」

これも基本であるができていないため要チェック。個人単位だとルーチン化とかね。考える時間が減る。

 


27「毎日自らに励ましの言葉を掛けよ、あたかも幸福のように振る舞うのだ」

自己暗示の一種。できていないため要チェック。人によってはかなり効きそう。

 


28割愛。不眠解消について。

 

 

 

体験談

割愛!!!

 


おしまい!疲れた!!

化粧品のカウンターのお姉さんの接客について

どうも久しぶり。最近コスメ熱が再発してね。しばらくコスメコスメしてるんじゃ。

 

でもカウンターのお姉さん(BAさん)の接客が雲泥の差だったのでネタにしてやります。

 

ルージュでも新調しようかと思って好みの色で漁ってた。f:id:hayate3103:20190215195018j:image

 

こんな感じで。え、狂気?

まぁ取り敢えずこういう色が好きなのね。あ、美容垢さん向けにいうと僕ブルベ夏セカンド無しです。

 

で、二月頭に発売されたイヴ・サンローランの新色がf:id:hayate3103:20190215195629p:imageこう。

 

女の私でも見分けつかんわ!!だいたい好みの色だわ!と、カウンターで唸って、接客してもらって一本に絞ろうと思った。

 

んで、席に通される。

 

BA「本日はどれになさいますか?」

 

「あ、ヴォリュプテシャインの新色を見に来たんですけど...ちょっと決めきれなくて、まず色味を見させて貰えればなと思いまして。」

 

BA「わかりました。何番ですか?」

 

「あーっと...ごめんなさい、実物のお色味を見せていただければと思うのですが...」

 

BA「こちらになります(カタログを見せてくる)」

 

「あー...82.84.85を見せていただけます?」

 

まぁこの辺からちょっとイラついてた。そら型番決めんかった私も悪いけど決めきれへんゆーとるやろ。見比べて選べんかったから比較検討しに来たんや。

 

「はい。(塗って終わり)」

 

いやいやいや!!!どちらが好みですか?とかこれがトレンドですよ〜とか!!色々!!言うこと!!あるやろ!!!!!!!

 

会話する気一切ないこの高飛車なやつね。因みにもうブランド名出してもいいぐらいにイヴ・サンローランは毎回毎回接客悪い。人に買う気無くさせる才能に溢れてるの凄いよな...

 

くっそやる気削がれて色だけ見て出てきた。なんであのブランド常に接客ポンコツなんやろな。名前控えといたわ。

 

そして疲れつつディオール

BAさん「あ、承りますよ〜(にっこり」

 

「あー、ギャラクシーの予約だけお願いしに来て...予約だけって出来ますか...?」

 

BAさん「畏まりました!あの、今から予約表取って参りますので、どうかお掛け下さい!」

 

「ありがとうございます〜!」

 

BAさん「(パンフレット見せながら)こちらの商品でお間違いなかったですか?春らしくてとっても可愛らしいお色味ですよね!」

 

「そうですよね〜、ギャラクシーって名前も良いですよね!」

 

「そうなんです!今年は星をテーマにしてて!このリップの名前が、〇〇っていいます、こちらもギャラクシーと合わせると、お客様でしたらとてもお似合いになると思いますよ〜!」

 

こんな感じだった。しれっと入れてくる営業もめちゃウマよな〜

んで、中略して話ひと段落したところで、BAさんから香水つけてもらってて、それに対して「こちらのヘアミスト使わせて頂いてるんですよ〜!」って言ったらヘアミストまで振りかけてくれました!!!

 

うれじぃ...なんて...なんて優しいんや........

 

 

この...この......差!!!!!

いや、どこもここまでせぇとは言わんけど!!

 

特にアディクションイヴ・サンローラン!!!!!!

営業としてあかんっつーか公人としてあかんレベルの態度を取らんとってくれ!!マジで!!

 

そんな一日でした。香水いい香りだったしかぶれてないからマジでちょっと欲しくなった。

 

おしまい

 

あ、因みに接客最強ブランドはクレドポー、ヘレナ、キッカです。この辺どこのカウンター行っても優しいからおすすめやで。

今話題の南青山のアレについて考える

トリガーは家入さんのツイート。ほんまにがっかり。

はーーー

私はおこぽんですよ

南青山のあれで、みんな南青山の人たちの悪口を好き勝手に言ってるんですが

1.そもそもテレビは嘘だらけなのではなかったのか?貴方はそれを知らないのか?

2.ごく一部の人間が全体の評価を下げることはよくあることだが、貴方のやっている「南青山に住む人」全体を嫌悪することは、差別に当たらないのか?

はーーーーーーーーー(クソデカため息

自分らの所属する組織の悪口を少しでも言われたら「あれは一部であって全体ではない!」って声高に言うのにさ。地域レベルでの差別はするのね?

大半の賛成派や、南青山に住む子供達の気持ちは考えてるの?お金持ちの子がどう傷つこうが勝手だってか?

わかりやすく言い換えようか、精神疾患患者が殺人事件を起こしてテレビ報道された時、一番世間の目を浴びて辛かったのは誰だと思う?無関係の精神疾患の患者だよね?

今、お前がやってることはそういうことやぞ

差別が嫌いなんちゃうんか、おい

平等な世界を作りたいって思ってたのはどこのどいつだ?

てめーらのそれは、義憤を模した私憤なんだよ。自分らが虐げられるのは嫌なくせに顔も知らない他人を不幸にする可能性を考えないゴミがよ

ふざけんなよ

ブログタイトルの由来

はいどーも

ブログタイトルの由来ですね

どう思って付けたのか?と聞かれたので...w

一言で言ったら、単に「東大王の伊沢がかっこよく答えてた」ってだけなんですけど...ほんますんません、えへへ

単純に、ネットの世界ってリアルでどんな立場の人が書いてるのかわからないじゃ無いですか。どんな権威のある人なのか、知的な人なのか。

でもみんなそれぞれ好き勝手ネットの他人を批判したりするでしょう?私も批判したくなる時があります。

けど、よくよく考えたらその他人って誰だかすごいことしてる人かとか、どんな長所があるかとかわからんわけですよ。あくまで見えてるのはネットの文字だけ。

それだけの情報で他人を批判したくなる自分って矮小だし、どんな人間が遥か高みにいるかなんて自分には見えないから、自分に対する戒めもありこれにしました。

あとは、遥か高みにとびてぇ!!!って意思もある。

あるよそりゃーーー

でもむずいんだよね!!できねーーんだよ!できねーから憧れんるんよ!!単純にね。

いつか振り返って笑えるように、もがく矮小な自分をネットの海に書き留めておこうぜ。

発達障害とかLGBTで、だから?

ウルトラストロングキツイこと書くかもしれん。心の弱い方はバック

※特定の人に当てて書いてません

特定の人の面を思い浮かべても書いてない

ただ、不幸だと言う人、生き辛そうな人にどのような共通の特徴があるか考えた結果

・何かしらの障害

・(治癒、又は寛解する)病気

・マイノリティ(HSP、性的倒錯、LGBT)

・家庭環境が劣悪

が挙げられる気がするわけなんやけども

(あ、ごめん、自分が不幸で苦しむだけの人だけを指してるのではなく、不幸でピリピリして他人を攻撃する人、叩く人を指してる)

自分の主張の正当性を他人に理解してもらおうとする人の量って凄い多いなって思う。

他人に自分の気持ちをわかってもらいたいってのが欲求なんだろうけど、それをネガティブな方向性に発露させるのすげーよな

身近な人にわかってもらえないから他人にぶつけるんやろーなってこともわかってしまう。

そーゆー生き方ってめちゃめちゃ惨めやと思う。

自分のアイデンティティを不幸のアクセサリーとして身につけるのはどうかと思う。

例えば発達障害で生き辛かったりしよう。私は発達障害だからきつい!不幸だ!という思いから「あいつはゴミ!」と言ったりしよう

でもその攻撃の対象がひどい虐待育ちだったら?

そいつはそいつなりに理由と事情があるよね。でもそんなん表面から見えないし、わざわざ「自分は虐待育ちなので性格が歪んでます」とは言わない。

そもそも、発達障害だから不幸、とか、毒親育ちだから不幸、とか、そういうわけではないからな。

つまり誰がどんな事情を抱えてるかなんて見えないのに、自分が辛いからってむやみやたらと他人を攻撃するのしょーもないですよってだけの話

お前もやんって意見来そう。私は私自身が「こうじゃね?」って言って、それに対して批判されたり否定されたりガンスルーされたりしてもなんも思わんと言うか、むしろそういう友達付き合いしてるのですんませんが違います。

同意が欲しい「これがクソ」という発言ではないと言うところがミソ。

お前に私の何がわかる、とも言われそう。そういうやつって過去にこういうことがあってーとかこういう苦しみがーとか言うけど

じゃあお前仮に私が苦しみ5ポイントで君の苦しみポイントが10ポイントやったらそれで満足すんの?っていうね

大事なのは君がその10ポイントを消化できてないっていう事実じゃね。

そもそも苦しみの尺度なんて一定じゃないけどねw

で、タイトルに話を戻すと、「〇〇(なんらかのマイノリティ)の気持ちもわかってあげてください!」ってやつね。

私の気持ちをわかってください

私が傷つきました

ってのと一緒なんだよねー(ここは他人の意見準拠)

そんなに他人に甘えたいなら、甘えなければ救われないなら、まずその欲求をどうしたらいいか考えたらいいのになって思ってまうけど、それに気づけてないんやろね

これ書いてて思ったけど、私が傷つきましたって言われたら「マジかすまん!」ってなるなあ。素直さ、大事...

ぐっばい!

私はこんなに人に嫌われないよう努力しているのに

たいとるから続けて呼んでね

なぜこいつはそれを怠っておきながらのうのうと生きてるのか?

って、自覚的にしろ無意識にしろ、そう他人に思いながら生きてる人って多くないですか?

他人に対してピリピリしてる人ね

そーゆー人は自分なりに「努力してる」けど自分自身のなりたい自分がわからないとか、目標がないとか、過去に囚われてるとか、色々あると思う。

自分の方がちゃんとしてるのに!ってなるんやろう。他人の愚痴を言う人も一緒。

え?お前も言うやんって?

未熟な自分がサーセンっしたって感じ。

特に言いたいことないんやけど

幸せになれば結局人の目とか気にしなくなるし

あー、今幸せじゃないんやなーって自分を戒めてる。

私は自分より凄い人たちに囲まれて、いつもいつも優しくして貰ってるから...って思ったけど、他人ってもしかして「俺はなんで他人に好かれないんだろう」とか「1人なんだろう」とか思って苦しんでる人っていそうだ

そう言うのって往々にして自分の努力不足だったり行動不足だったりするよな。すげー奴に話しかける勇気は?すげー奴に好かれるための努力は?すげー奴に認められたいなら、勇気と努力は必須やと思う

あなたはどんな奴なら好きなの?どんな奴なら嫌いなの?どんなことに興味あって、将来どんなことをしたいの?ってーことを知り得るようにならないとな

自分はもちろん、運良く恵まれた側やと思ってるけど、蓋を開けてみたら私と「自称」他人に恵まれてない奴だと行動量が天地の差なのかも。

でもどーだろ、自分の場合は自己開示しまくりボンバーだから好かれてきたのかもしれん。

人が好きになれんとかこの高校辞めたいとかなんで生きてなきゃならねーのかわからんとかお前が嫌いあいつが嫌いとかめちゃめちゃ他人にゆーてた

淀みない本心を他人にぶちまけて、他人に嫌われるかどうかの賽の目を振り続けてたのかもしれねぇ。わからん。好かれてきたと言うより、大切にされてきた。

もがきながらあがきながら、他人を頼って生きてきたから他人に対しては感謝しかねえんだけど、他人を頼るって発想がない奴はきちーのかも。すぐ他人をシャットアウトしそう。

溺れて溺れて必死こいて生きてたら他人に救われてきましたみたいな人生だから、救われたい他人に溺れろとも言いたくないしそいつの人生なんも知らんのに努力不足だとも言いたくないよな。

あぁ、でも。他人を信じれる人間で良かった。本当に。

他人から「話せてよかった」「出会えてよかった」と言われて、めちゃくちゃ嬉しくなる人だから、他人には同じ言葉をかけていきたいよね。

皆で幸せになろう。

レッツゴー箕面の滝

そうだ箕面に行こう

ということで箕面の滝です。なぜって?そらお前山登りの練習せなあかんやろ、「荷物持って」。

通し打ちする人たちは荷物が10kgとかなるらしいけど...取り敢えず予測というか適当に「こんなもんやろ」って詰めてみたら4kg弱やった。それでも重いぞコレ......

というわけで実際に行く予定にしている服装と大体の重さで箕面へgo

途中の電車も修行やと思って立つ

しかしまだ始まってもないのに肩が悲鳴を上げている。なんて軟弱なんだ...

というわけで阪急箕面線にて、「まー10分ぐらいなら座ってもええやろ...」と思って座って電車が発車した直後、目の前におじいさんが現れ秒で席を譲る。空海様から怒られちまった...修行修行。

自分結構軟弱な割には脚は強い方だと思ってたんですが、よくよく考えたら荷物支えるのは上半身なんですよね。すっかり忘れてました。本当に箕面行き決行してよかった。

コレ今まだ車内だけど割と本気で足より肩がやられそう。

荷物支えるための筋トレってなにすりゃいいんやろか。体幹

無事帰宅。ここからは感想。

景色に関しては、山が燃えている、とでも形容しておけばいいと思う。出だしから紅葉がとても綺麗。見頃でした。

ハイペースで進む。コツコツと音がするので見てみたら5cmヒールで歩く奥様の姿が。奥様、この先は坂道でございますよ、と思ったが何も言わずに抜いた。いくら3kmの道のりとはいえ靴が硬いヒールは絶対後悔すると思う。

てくてく進んでいく。てくてく。車内であんなに重かった荷物は歩いていると何の支障も感じない(4kg背負って歩けない奴は小学生にも劣る気がする)。

ちなみにこの時期の箕面は露店が出ているので楽しい。

道中暑くて暑くて腕まくりをしてもなお暑い...汗をかいてきた。やばい。けど脱げないし...と自分の格好に後悔。いい練習になった。

あ、汗をかいた状態で立ち止まると体が冷えて寒くなるからです。

あとは今年の台風の土砂崩れで一部道が崩れていたのだが無事に直っていた、よかった。

そんなこんなでものすごくハイペースで終盤の露店が見えた時自分でも引いた。息一つ切れていなかった。

因みにこの一週間の私の運動は

ジョギング1.5km

腹筋30

スクワット10

プランク20秒程度である。そもそも運動しているとはとてもじゃないけどいえない量だと思うんだがこんなに変わるものなのかと愕然。

そしてそのまま滝を見た。綺麗だな、という感想より「到着が恐ろしく早い...」とやっぱり自分に引いていた。

今までがニート過ぎたといえばもうそれまでなわけなんだが、滝って苦労して見るイメージがあったのにトコトコ歩いたらもう滝見えたみたいな驚くほど拍子抜け感。こ、こんな筈では(震え声)

そんなこんなで空腹のまま駆け上がり山頂でご飯を食べるぞ!と息巻いていた管理人、暑さで倒れそうになりながらソフトクリームを食べる。

当然色んな人から二度見された。周りはコートとかで来てるからね、仕方ないね。

そしてたこ焼きを食べる。ソースが多い、、辛い。

申し訳程度に写真撮って帰る。

因みに行きは35分/3kmでした。

これは帰りのタイムは期待できるなーと思いながら下る。

途中でビワの木を見つける。前から歩いてきたお婆様方が、「ほらみてみぃ柿やで!柿!!」と騒いでいたので「あの...ビワですよ......」とつい笑顔で指摘したら、「ほんまや!!wwwww」と大爆笑。そしてお煎餅を頂く。ありがとうお婆様方。

もう少し下ったところで猿と遭遇。おおーー久しぶりに見た。

色々堪能させてもらったところで駅に着くが、登りと同じぴったり35分。あるぇ...?

でもよくよく考えたら「息一つ切らさずに」登ってそのままのペースで下ったらそうなるか、と一人で納得。脚の疲れはほぼ出ていないが、やはり肩は重い。

とはいえ歩けないこともないのでそのままヨドバシで必要物を買い出しに行く。

・防水時計

高かったらヒヨろうかと思ったけど1500。

デジタルでアラームと、秒針とライトとストップウオッチついてる。安い!!わぁい。

・レインポンチョ

リュックの上からかけれる奴。出してつけようと思ったんだけどギチギチで嫌な予感がしたのでやめておく。

使えんなんてことはないと思うし何とかなるっしょ!

・カタビナ

どれがいいのか迷って困ってたらお兄さんが安いの持ってきてくれた。ありがてぇ

・ヘッドライト

これも高かったら省こうかと思ったけど1800ぐらい。冬は日が落ちるの早いし遭難したくはない。

腕にもつけれるような変形型らしい。わぁ便利。

上記をレジに持って行ったら「フル装備ですね。登山ですか?」って聞かれて答えに困った。お遍路さんを登山というにはまた違う気がするし何と答えればええんやろか。

そして薬局へ

・手ピカジェル

絶対いると思う。昼は外で飯食うし。人にも分けてあげれる。世界平和。

プロテイン(スティックタイプ)

お遍路先輩からの勧めにて。栄養不足にならないために必要らしい。飲んだことないけど大丈夫かなぁ

・絆創膏(いっぱい)

マメ対策、予防に。テーピング買わなかったけど何とかなるといいなぁ(フラグか?)

・アンメルツヨコヨコ

筋肉痛になるのは当たり前だからその先を見越して。

これらを買ったあたりで肩が悲鳴を上げた為、まだ100均にて買いたいものがあったが断念。

帰りのマンションについたところで、階段を使って部屋まで戻る。ゼイゼイ言いながら戸を開ける。最後はやっと修行らしい感じで帰宅。

・感想

肩の重要性を思い知ったしやっといてよかった。

個人的にはティッシュと手ピカジェルは割と普通に行かなきゃ考えつかなかったかも。

脚は強い、やったぜ。迷わなければ5km/hやと思って予定組んで良さそう?結構嬉しいし自分に自信が出た。

まぁ日に20kmは歩くって決めてんのに往復6kmでへばってたら不味いんで、本当に何とかなりそうでよかった...でももーちょいハードなとこ選べばよかったかなーとも。

平坦な道なら15kmぐらい余裕そうだなぁ。

まぁ本番は3、4日目の山越えだから最初の2日なんて前座なんだけどね。ははは(遠い目

しかもがっつり雨降るからね、ははは(涙目

当日朝起きて向かう場合、16時半に最後の札所だとすると仮に6番まで行くとなると6×30分で3時間、移動に4時間、食事に1時間見て

9時着かぁ...

5番まで参拝して6番で宿取るぐらいが良いのかもなぁ。まぁ11時着で5番までだったら行けるでしょう。(ないと思うけど)ペース見てワンチャン7番とか。

そんなこんなで!!乞うご期待!!