読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病について2nd

割と知られてないかもしれないのでいうがうつ病(というか大概の精神疾患)には波があり、いい感じの時があるからといってそれが即回復につながるとは限らない

病気、風邪の部類ではなく骨折などに例えた方が良いのかもしれない

腕の骨がくっつきかけているところに無理に動かしたら折れるどころか、永遠に使い物にならなくなるかもしれない


それほど経過観察が大切な病気である


ので

うつ病の人がぱっと見元気そうでも「元気そうだね」「よかった」などと言ってはいけない(理由は先述)


ここまで読んでかなりめんどくさいと思った方も多いかもしれない


めんどくさくなければ、回復が容易ならばそもそも社会問題になっていないのではって話である


後過眠か不眠かはあれど、多くのうつ病患者は睡眠障害を持っているので、静かに寝かせてあげる工夫をするというのも大切かもしれない

あと食べることそのものが億劫になっているので、何か簡単に食べれる本人が好きな食べ物を持ってきてあげると喜ぶかもしれない

しかし与えるだけである。食べる食べないについては放っておくことが大切


なんか私の取説みたいになっている気がするが気にしたら負け


まぁ通して言いたいのは、「余計なことをいうな」とは言っているが「会うな」とは言っていない

会わず連絡も取らずにいると「自分は他人から心配もされてもらえない」と自分の存在価値を益々失ってしまうことになりかねないからである


私は相手を本当に想う心こそ一番の薬になると考える


ところで何も食っていない日が続いてそろそろ死にそう