ネガティヴライフハック

どうも管理人です。最近名乗る名前がばらけてきて名乗りづらくなりました。めんどいです。


・ネガディブな話


今回の話としては、ポジティブが良いものとされていてネガティブが悪いものとされてるのって違うくない?って言う話をしたかったような気がしますが、そんなもん著名人が散々やっていて私のような雑魚が語るまでもないと思うので控えます。



自分のことが好きになれないネガティブな皆様がいたらすこーしぐらいお役に立てるかもしれない記事になってます。



そもそも私がどのぐらいネガティヴかと言うと、直近で言うならば、上司から「声質いいね」と言われたことに対して


「そんな抽象的な部分しか褒められる場所がなく社交辞令を飛ばさなければならないぐらいトークが酷いのか」と瞬時に受け取るぐらいにはネガティブです。



冷静なので、打ち消してそんなことはないと判断するんですけれども、瞬時に受け取る感情というのは常にネガティヴなものなので、主観的には幸せな人生から程遠いところにいます。



で、ネガティヴはどうやって生きるべきか?という命題ですが


そもそもポジティブな人間は自己中で現実逃避しがちな人間とネガティヴな人間を一緒くたに評価しがちなので、ネガティヴな人間の自己評価も下がりやすいと考えているので


まずは自分が自己中なのではなくネガティヴなだけだと思うことから始めた方がいいかもしれません。



そもそも人類たるもの危機意識持たない人種がいなければみんなで間違えてみんな死にますからね。ネガティヴで、非行動的なことそのものは悪ではありません。


それを踏まえた上で、私が伝えたいのはシンプルに「自分をなんも出来ないただのゴミだと思え」です。



そもそもネガティヴで生きてると、周囲に何かしらあったとき、「自分は~」って後悔したり悩んだりするじゃないですか。

結構無駄で非効率なことしてると思いません?


基本、「雑魚なんだから仕方ない」って思っときましょ。そこで思考停止して楽しようとする人に向けてこの記事は書いてないです。



ネガティヴな自分をなんとかしなくちゃ、って思うより、ネガティヴな自分を受け入れた上でどう動いたらいいかを考えた方が楽に生きれると思います。


私は人格的ものが±100点で評価されてるとしたら−100点だと思って生きてるんですよね。

そうすると、こんな雑魚でもやるとしたら何が出来るか?って考えを出来るようになったんですよね。



そもそも「ネガティヴなことを考えるのは良くない、もっと自分の長所を見つけて前向きに生きなきゃ」って思ってきて20年近く生きてきましたが、そう思うと、そう考えることに必死で脳のキャパが埋まってろくに生きられなかったのでオススメしません。



雑魚であることを大前提としたら、自分の場合は前向きになれたんですよね。空想の世界から現実のタスクと向き合えて、冷静にタスク管理できるようになりました。



以下は余談ですが、似たような理由で人間という種族そのものが好きではないのですが、それもそもそもフラットなプラマイゼロの状態ではなく興味ないものとして心の距離を置くと、ある程度冷静に長所と短所を観れるようになりましたかね。


 

自分自身を許せなくて自分の首を絞める人っていっぱいいるんですけど、そういう人間に対してはそもそも産んだ親が悪いことにしとけって思います。

でも親を嫌うのってものすごくエネルギーと労力と、「自分自身が親に影響を受けた部分」を全否定する必要性があるので中々ハードなことなのかもしれません。



そういう諸々のことをする必要がある人間は、学生の時に好きなだけ悩んで結論を出しておかないと、社会に出てから忙殺されて一生自分と向き合えなくなるのかもしれないなと感じております。



まとめると、「自分を好きになる努力」より、「雑魚が成長可能な部分を探す」ほうが100億倍人生を楽に生きれるよ、という話ですが、殴り書きなので読解力が必要な内容になっていると思います。申し訳ありません。



ではまた