燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

雑記に雑記を重ねてぶっ壊れてるブログ

私が烈火の如く怒る時

本日二度目の投稿です、管理人です。

とある友人から

君って、「謝りたいので自分の何が悪かったか教えてください」って言われると更に怒るよね。

と言われたので、私がどういうときに怒るのか書こうかなと思います。

ところで私は他人に「怒る」ことは滅多にありません。イライラすることや怒りを露わにする事はままあります。ただの感情表出と本人にぶつけるのはまた違うと思っています。

あと、指摘と怒りは違います。

そもそも他人に怒りをぶつける事そのものが低俗だと考えています。人と人とは対話でわかり合うか若しくは関わらないという選択肢を取ればいいものだと思います。

あと、多くの人間は怒りをぶつけて相手を萎縮させてコントロールするのが好きですよね。非生産的で低俗で非常に嫌いです。

・で、何されたら怒るの?

一言で言えば「火に油を注がれた場合」です。

私は歩く火薬庫ですぐ発火するのですが、その度に「しゃーねーなー」となりながらあの手この手で鎮火させます。要はどうすれば相手を許せるのか考えたり誰かに愚痴ったり忘れたりする努力ですね。

基本的には、「相手は故意に発火させた訳ではないし私が燃えやすい体質なだけだし」と思うのですが、そんな中発火させた張本人がガソリンを撒いてきたらまーーまーーーーまーーーまーーー流石に「怒り」ます。私も人の子。

では冒頭の「謝りたいので自分の何が悪かったか教えてください」の何があかんのかというところですが

あ、その前に別にこの言葉言われただけでキレたりしません。

・あかんポイントその1

自分が何が悪いか解っていない

断言しますが私は理不尽に怒ったりはしません。大概限度を超えているだろということだけです。それが厳しすぎると言われますが社会性の無く、出来事を客観視できない人間を擁護するほど人間出来ていません、すみません。

・その2

人への謝り方を知らない

私は他人に対して怒るとき9割方社会性の無さでキレていると思うので、そこで怒っているときに社会性の無さで殴られたらそれはもう怒ります。まさに火に油。

・その3

タメ口

過去私がブチギレれた例はいずれもタメ口でこの言葉を発されたときです。

謝る方法も知らなければ謝る口調も知らないというまさに無知のオードブル。

仮にも人に教えを請う態度ではないでしょう。

・その4

そもそも心の底から悪いと思っていない、しかもそれに対して無自覚

いやー、パッと謝罪の言葉が出ない人ってそもそも悪いと思ってないですよね。「現状では悪いと思ってないから事情説明してください」って言ってるようなもんじゃないですか。

例えば道で人とすれ違って、相手が振り返って不満げに何かを言った時、自分はイヤホンをしていて何を言われたか解らなかったとします。

その時に、「何が悪いか教えてください」って他人に言いますか?って話なんですよね。

私の価値観なのですが、「あ、やべ、なんか気づかんうちに悪いことしたんやな」ってなるので、そうならない辺り無意識に他人を不快にさせたってことの可能性の欠如というのはどれだけその本人が驕っているかの裏返しでもあると思います。

思い上がりも甚だしさ。

というような怒りを、怒っている時に食らってみてください。キレますよそりゃあ。何に怒っているのかわからないだろうからどうせ伝わらないのも相まってもう私の怒りのボルテージは最高潮に達しますよ。

こいつは一度殴らなければ気が済まないというレベルですよね。まぁ殴ってないですけど。でもそのレベルの人間って殴った方が早そうですよね。

何より自分がコケにされてるようで腹が立ちます。競争心とかはまるで無いのに、その辺のプライドは高いんですよねぇ(この辺はエニア8要素がありますよね)。

あとこれが8っぽいのかどうかわかりませんが、何かしようとしている時に、真っ当に応援されるよりも「どうせ無理」とか「前例がない」とかいつ言葉で煽られたりするとあっさり努力出来てしまう人間だったりします。

割と怒りやイライラを真っ当な原動力に出来ている自覚はあるので、あまりイラつきやすいのも困ってはいないです。

イライラというエネルギーをうまく利用してやりましょうという綺麗な形で終わらせておきます。

てはまた!